ダブルリードウォームギア/軸のイメージ図
 
 
?咬合面は35%?45%に達する。重切削と連続加工に耐える。
?良好な耐摩耗性で、1?2年間バックラッシュ調整が不要。
?精度は10秒以內(標準は15秒)に維持。

 

 

ロータリテーブルの割出精度
 
 
?割出精度は10秒以內(標準は15秒)に達する。
?繰返し位置決め精度は4秒に達する。
?テスト基準はISO 230.2で、宇宙飛行、軍事工業単位の標準に達する。

 

 

ブレーキ構造イメージ図/概略図:他メーカーのと比較すれば、制動力は2-3増
 
 
?多板ディスクブレーキ構造
?空気圧源5kg/cm2で200kg.mのブレーキトルクが出力。
?安定な構造で、ディスクの浮動現象が生じない。

 

 

軸受優勢構造図
 
 
?三面拘束設計で、支持力は同サイズのクロスローラベアリングの倍以上
?ダブルベアリングで、外徑を増大、軸方向と徑方向の負荷を増強。重切削に耐える

 

 

クラッチの割出精度
 
 
?割出精度は±3秒に達する 割出精度は最大±3秒
?繰り返し定位精度は±1秒
?歯向接觸率は90%に達する

 

 

ギア比
?高速60m加工センターは高速ロータリテーブルに合わせる必要がある。
?ギヤ比90:1、速度は33rpm(モータの回転速度は3000rpm)まで達する

 

亚洲欧美日韩三级片在线观看